ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.9.27

CARTA HOLDINGS、リテールメディア広告市場調査を実施~2022年に135億円、2026年には805億円と予測~

株式会社CARTA HOLDINGSは、株式会社デジタルインファクトと共同で、リテールメディア広告市場(※1)に関する調査を実施しました。その結果、2022年のリテールメディア広告市場は135億円、2026年には約6倍の805億円規模に拡大すると予測されます。

リテールメディア広告とは、店舗を持つ小売企業に設置されたデジタルサイネージに配信される広告および、小売企業が運営する各種オンラインメディア広告(※2)の総称です。

従来店舗でのメーカー商品の拡販を目的とした、紙チラシやPOPなどの販促ツールの一部が、メールマガジンやデジタルサイネージなどのデジタルツールに移行することで、市場が形成されてきました。近年は、小売企業のDX化が進み、CDPやDMPにおける一元的な顧客データ管理が進み、付加価値の高いデジタル広告商品の開発が可能となりました。

一部の小売企業においては、これらの資産を有効活用することで、小売事業に次ぐ新しい収益基盤の確立に向けた動きがみられます。

小売企業を通して自社製品を販売するメーカーを中心とする広告主企業(以降メーカー企業)においては、小売企業の顧客に効率的にリーチすることが出来るデジタル広告商品に対するニーズが高まりつつあります。

本調査では、広告主によるリテールメディア広告に対する広告支出の総額を、リテールメディア広告市場規模とし、2021年の推計および2022年から2026年までの予測を行いました。

調査結果の詳細は以下の通りです。

・2022年のリテールメディア広告市場は135億円と予測
小売企業のDX化に向けた取り組みが進展するなか、大手小売企業では、リテールメディア事業による新しい収益基盤の確立が中長期の経営計画に組み込まれ、サービスの開発が進んでいます。大手広告プラットフォームや広告会社による、小売企業のリテールメディア事業を支援する動きが進み、メーカー企業のよるデジタルを活用した店舗での効率的な顧客とのコミュニケーションに対するニーズもまたますます高まりつつあります。
これらを背景に、2022年のリテールメディア広告市場は135億円、前年比150%となると予測されます。またその内訳は、デジタルサイネージが70億円、オンラインメディアが65億円と予測されます。

20220927_CARTAHD

・2026年のリテールメディア広告市場規模は、805億円に達する見込み
小売企業におけるリテールメディア事業は、プライバシーを配慮しながら、小売事業における顧客からの信頼性や事業収益性をいかに担保しながら、新しい付加価値をもたらすことで、顧客満足度を高めることが出来るかを前提に、慎重な取り組みが進められています。
リテールメディア広告市場は今後、小売企業のDX化とともに進められるリテールメディアビジネスへのさらなる注力、およびこれを支援するテクノロジーの普及が進むことにより、ますます成長を続けることが予想されます。
広告主が小売企業の顧客データを活用し、ターゲティングや顧客のオンライン・オフラインの消費行動における広告効果を計測することが可能となる魅力的なプロモーション活動が可能となれば、2026年のリテールメディア広告市場規模は、2022年の約6倍、805億円に達すると予測されます。

※1:広告主によるリテールメディア広告への年間支出総額を対象とする。
※2:アプリ、ECサイトなどのオウンドメディアにおける商品告知広告やクーポン、メールマガジンのほか、匿名化された小売企業の顧客データを活用したターゲティング配信が可能なオンライン広告など、広告商品の企画、運営に小売企業が関与する広告プロモーションを対象とする。

■調査概要
調査主体:株式会社CARTA HOLDINGS
調査時期:2022年4月から 2022年7月
調査方法:広告業界関係者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集
調査対象:リテールメディア広告市場
調査機関:株式会社 デジタルインファクト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加