このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.1.7

電通、テレビ番組・CM視聴者に視聴後最速30分でTwitter、Facebook、Criteo等で関連広告を配信する「Celer STADIA」の提供を開始

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐博)は、テレビ番組やテレビCMの情報に接触したと推定される人々に対して、視聴後最速30分で手元のスマートフォンに、視聴した情報に関連したデジタル広告を配信させる技術を開発し、ソリューション「Celer STADIA(セラ・スタジア)」として提供を開始しました。

 従来、テレビ番組・CMの情報に基づく即時のデジタル広告配信は、テレビで表示されるタイミングに合わせてスマホ等にデジタル広告を表示させることに留まっており、視聴した”人”を推定して、実際にその”人”にデジタル広告を接触させるには、早くても視聴してから数日を要していました。

 このたび、オフラインとオンラインの統合マーケティング基盤「STADIA※1」において、高頻度で収集した視聴データを高速分散解析する「Celerエンジン(セラ・エンジン)」によって、実際に視聴した”人”(推定)に、最速30分後にデジタル広告の配信が可能となりました。
(現時点で連動できる広告プラットフォームはTwitter、Facebook、Criteo DSP※2です)

 結果として、視聴者は、テレビ番組・CMで目にした特定の商品や店舗の情報に関心が高くなっている状態のまま、検索の手間無く再び触れることになります。広告主としてはより高い広告効果を期待できるようになります。

【Celer STADIAの仕組み】
Celer

 なお、このCelerエンジンは、電通が開発したテレビとスマートフォンのクロスデバイスの情報紐付け技術を用いてデジタル広告の出稿可能規模を拡張し、電通が開発した高速分散解析の仕組みと広告プラットフォームが保有するリアルタイム配信基盤とを連携させることで実現しました。

 当社は2018年5月に、テレビ番組・CMの放送内容にデジタル広告をリアルタイム連動させる広告入札・配信管理システム「STADIA Live」を提供開始しています。「STADIA Live」は放送直後を狙い広くリーチさせることが可能な一方、「Celer STADIA」は、実際に放送内容を視聴した”人”を推定することで、個別にターゲティングして配信できる点が異なります。

 今後も当社は、テレビとデジタルの相乗効果を高めるために、リアルタイム性を追求し、データや技術の開発や協業を進めてまいります。

※1:STADIA
2019年05月時点で、テレビ受像機や録画機の合計で約400万台の実視聴ログデータに対して、約1,200万台のモバイルデバイスのIDや約5,000万件のCookie_idに紐づくオーディエンスデータと約10万人の調査モニターが人単位の同一IDで紐づく規模を有しています。

※2:Criteo DSP(クリテオDSP)
Criteo(NASDAQ:CRTO)は、オープンで透明性のあるインターネット上の広告プラットフォームを提供。2,700名以上のCriteoチームメンバーは、世界19,000社の広告主と、数千のパブリッシャーと連携して得られる膨大なデータを、機械学習を用いて精密に分析することで、全ての広告チャネルを通じた効率的な広告配信を行っています。
同社の事業内容の詳細については、https://www.criteo.com/jp/をご覧ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加