このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.6.30

Momentum、アフィリエイト領域としては初となるバリューコマースにブランドセーフティ解析サービス提供開始

Momentum 株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:高頭博志、以下、モメンタム)は、ブランドセーフティ(※1)観点のURL解析サービスを、バリューコマース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 最高経営責任者:香川 仁、以下、バリューコマース)へ提供開始しました。


モメンタムは、日本のデジタル広告業界の健全化への取り組みを牽引する、アドベリフィケーション(※2)ソリューションカンパニーです。「無価値な広告をゼロにする」のミッションのもと、アドプラットフォーム・広告主・広告代理店など、様々な企業のニーズにあわせたアドベリフィケーションサービスを開発してまいりました。今回、Momentumとしては初めて、アフィリエイト領域に対してサービスの提供を開始します。

本取り組みについて

 バリューコマースには、新規参加メディア(※3)のコンテンツを事前に広告主目線で審査する仕組みがあるため、広告ネットワーク(※4)に参加する時点で一定の品質が保たれていましたが、提携後、広告主の意図しないサイトへの配信も一部で発生していました。

また、ブランドイメージの毀損を防ぐため提携時審査を定期的に実施する広告主も多く、定常的な広告運用コスト負担の課題がありました。

 今回の取り組みでは、モメンタムから提供する各メディアのコンテンツを抽出・解析する仕組みを活用し、算出されたブランド毀損リスクのあるコンテンツをバリューコマースのシステムと連携することで、ネットワーク参加後の審査業務の強化を図っていきます。これにより、今まで検知ができなかったブランド毀損コンテンツが早期に発見できるようになり、これまで課題だった広告主の運用コストの改善に寄与することができます。

バリューコマース

※1 広告が不適当な掲載場所に表示されることによるブランド毀損を防ぐこと
※2 アドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティに配慮した、不適切な広告配信を防ぐための広告価値毀損測定の仕組みのこと
※3 バリューコマース アフィリエイトプログラムを利用する際に、一定の基準を設けメディアを1媒体ずつ審査しています。
※4 審査を通過したメディアで作られた集まり。

今後について

モメンタムはこれまで、運用型ディスプレイ広告に特化したサービスを展開してまいりました。日本のデジタル広告業界の健全化への取り組みを牽引する国内最大級のアドベリフィケーションソリューションカンパニーとして、無価値な広告をゼロにし、インターネット広告全体の価値を向上させていくというミッションのもと、今後はより多様化するニーズや進化するテクノロジーに合わせ、アフィリエイト領域を筆頭に、アプリや動画広告への対応など様々な領域のニーズにあわせたサービスの提供に尽力してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加