このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.7.22

アイレップ、日本トータルテレマーケティングとECを中心とした顧客対応のための 「カスタマーエクスペリエンススタジオ」を発足

アイレップ
株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、日本トータルテレマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森真吾、以下日本トータルテレマーケティング)と包括提携し、今後急成長が見込まれるソーシャルコマースやD2Cなどの新しいEコマース(以下EC)事業領域に対応するため、オフラインでの顧客対応だけでなく、オンライン上での顧客接点作りまで含めた新しいEC購買体験を創出する「カスタマーエクスペリエンススタジオ(CXスタジオ)」を発足いたします。
新型コロナウイルスの影響で実店舗の消費が落ち込むなか、企業は、ECの売上拡大を目指し、顧客接点作りや新しい購買体験の創出など、オンライン上での収益拡大に向けたデジタルシフトを進めています。このような取組みを推進・検討している企業に対して、アイレップが保有するデジタルマーケティング全般のノウハウと、日本トータルテレマーケティングが保有するカスタマーサポート、フルフィルメントのノウハウを掛け合わせることで、企業の課題解決を包括的にサポートしていきます。

【カスタマーエクスペリエンススタジオ(CXスタジオ)提供概要】

1.商品を受け取り開封するまでの「感動」を創出
・ECに最適化され、複数チャネル対応の受注管理と複数倉庫の管理、自動出荷指示が可能な物流管理システムの提供
・同梱物やパッケージ改善による商品の開封体験の向上

2.ユーザーコミュニケーションにおける体験価値向上
・カスタマーサポートに入る問い合わせ(Voice of Customer、以下VOC)を分析、活用したUI/UX改善
・電話やメール、チャット、SMSやチャットボット(AI)などを組み合わせることでオンラインとオフラインを横断する統合的なカスタマーサポート、及びセールスサポートの実現が可能
・各種SNSを活用した新しい購買体験(ライブコマースなど)の創出

3.統合デジタルマーケティングの知見を活かしたコンサルティングサービスの提供
・VOCと会員データを掛け合わせた既存顧客向けのCRMサポートだけでなく、新規顧客向けの広告施策まで含め、フルファネルに対応するコミュニケーション設計を統合的にサポート

EC事業に注力し、ECを事業の中核とされている大手企業に対しては、D2Cやソーシャルコマースなど新しいEC購買体験の創出をサポートし、更なる事業成長への貢献を担うサービス提供を行ってまいります。また、EC事業への注力をこれまでされてこなかった企業に対しては、事業のデジタル化を含んだ立ち上げのご支援を担うサービス提供を実現いたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加