このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.7.23

8月の消費意欲指数は6月から続いた上昇傾向から一転し前月比マイナスに【博報堂調べ】

博報堂

株式会社博報堂(本社·東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表。8月の消費意欲指数は49.5点。前月比は-2.3ptと低下、前年比は-0.2ptの横ばいとなっています。

Point 1 : 「自粛の反動での消費」の落ち着きと、コロナ再拡大の懸念から意欲低迷
夏休みや帰省がある8月は、消費意欲指数が高くなる傾向がありますが、前月から-2.3ptの低下となりました。
消費意欲指数の理由(自由回答)をみると、コロナ禍に関連した回答のうち、消費にポジティブな回答は、前月から100件以上減少 (20年7月216件→20年8月104件)(以下、西暦略)する一方、消費にネガティブな回答は増加(7月290件→8月320件)しています。
詳しく内訳をみると、消費にポジティブな回答では「自粛の反動で外出・買い物がしたい/我慢していた消費をしたい」が大きく減少(7月129件→8月54件)し、消費にネガティブな回答では「(ボーナスや給付金で)すでに買った/特に欲しいものはない」が増加(7月237件→8月300件)するなど、自粛中に抑制していた消費欲求が一旦落ち着いたことが、8月の消費意欲指数低下の一因となっているようです。

加えて、「コロナが怖いので出かけたくない/意欲がわかない」(7月67件→8月77件)や「コロナで外出・買物ができない」(7月109件→8月127件)などが増えており、コロナ再拡大への不安も、消費意欲低下に影響を与えているようです。また、 「特に買いたいモノ・利用したいサービスがある」人は25.9%で、前月比-7.0ptと大きく落ち込みました。カテゴリー別の消費意向は、「ファッション」「外食」「家電・AV」などを中心に、16カテゴリー中11カテゴリーが、前月から20件以上減っています。

Point 2 : 特に、女性の消費意欲指数の低下が顕著に
消費意欲指数を男女別にみると、男性48.8点、女性50.2点となっており、前月と比べると女性の指数低下(男性-0.6pt、女性-4.0pt)が目立つ結果となりました。消費意欲指数の理由で、コロナ禍に関連した回答のうち、消費にポジティブな回答は、前月比で男性-30件、女性-82件、消費にネガティブな回答は、前月比で男性±0件、女性+30件となっており、女性の方がよりポジティブな回答が減り、ネガティブな回答が増える結果となりました。

https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2020/07/09c4dbe107479100336df04297b03137.pdf


  • このエントリーをはてなブックマークに追加