このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.8

ビズライト・テクノロジー、電車内デジタルサイネージでインプレッションベース課金型広告の販売開始

ビズライト・テクノロジーは、同社がハードウエアとソフトウエア開発を行い、メディアオーナーでもある埼玉高速鉄道(東京メトロ南北線、東急目黒線直通)の電車内デジタルサイネージ媒体「ダイナミックビークルスクリーン」において、インプレッションベース課金型広告の媒体開発を進めています。

9月19日から9日間掲出された音楽エンタテインメント企業 株式会社スペースシャワーネットワークが手がけるオンライン・ライブハウス「LIVEWIRE」の広告事例では、株式会社 LIVE BOARD の協力のもとにインプレッションの計測を行い、期間中の総インプレッション数は105万でした。インプレッションベース広告は、掲出期間保証型とインプレッション数保証型で行います。インプレッションはディスプレイ横に設置された240台のカメラがリアルタイムでセンシングし、エッジ AI によるアナライズ結果を集計しています。サイネージ CMS との連携により広告素材ごとにインプレッション解析ができるので、AB テストを行い効果的なクリエイティブに反映させることもできます。また年代や性別などの属性情報と組み合わせて、詳細な解析ができます。(注 1)

デジタルサイネージにおけるインプレッションのあり方は、現在デジタルサイネージの業界団体である一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムの「OOH オーディエンス・メジャメント標準化検討ワーキンググループ」において、海外の同様例を参考にしながら、来春の公開に向けてガイドラインの策定を進めています。

公共交通機関の乗降客数が大きく減少し、それは不可逆的なものです。ステイホームにおけるアウトオブホームメディアとしてのデジタルサイネージは、いま大きな矛盾を抱えています。インターネット広告では標準的な指標であるインプレッションなどのアクチャルデータが、新型コロナウイルス感染拡大以降、デジタルサイネージでも広告主から強く求められるようになりました。インプレッション単位の課金モデルだけではなく、従来型のロール枠売りでの掲出においても、視聴実績データとしてレポーティングが可能です。すでに稼働中の電車内デジタルサイネージに、システム的にも物理的にも独立して後付けできる、エッジ AI カメラ&インプレッション集計ソフトウエア「OOH メジャメントBOX(仮)」の開発も進めています。

ビズライト・テクノロジーは、今後複数の SSP と接続して、他媒体も含めたメディアプランニングと、プログラマティックに売買できるような仕組みづくりを各社と進めることで、DOOHの新たなメディア価値の提供と開発を行っていきます。

電車内デジタルサイネージ

(注 1)車両内のローカルセンシングにおいては、録画は一切行っておらず、取得したデータの処理はデバイス内で完結し、匿名化された情報のみをサーバへ送信しております。また、乗客や生活者のプライバシーに十分配慮しながら利便性を高めるために、一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムが策定した、「センシングサイネージガイドライン」、および IoT 推進コンソーシアム、総務省、経済産業省による「カメラ画像利活用ガイドブック Ver.2.0」に準拠した運用を行っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加