このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.21

博報堂と博報堂DYメディアパートナーズ、LINEリサーチのセールスパートナーに国内初認定

LINEリサーチ

博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、LINEが提供するスマートフォンベースのリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」のセールスパートナーとして国内初の認定を受けました。

昨今、生活者の行動様式全体がデジタルによって急激に変化しています。デバイスは若年層を中心にスマートフォンが主流になり、受け取る情報量は肥大化し記憶は短期化、また通信の発展によって一方向ではない双方向なコミュニケーションが当たり前になっています。マーケティング調査においてもこのような生活者の変化に対応したトランスフォーメーションが求められていました。

長年にわたり生活者調査をリードしてきた博報堂および博報堂DYメディアパートナーズでは、上記のような生活者の行動変化に対応した調査領域のアップデートを目指して、LINEリサーチのセールスパートナーの認定のもと、次世代の調査 ソリューションの開発と実践に取り組んでまいります。またこの取り組みでは、世の中の様々な種類のデジタルデータをうまく融合させることで、クライアントの事業戦略設計やプラニング・広告効果評価の新しい手法を構築していきます。具体的には以下のような取り組みを行っていくことを予定しています。

1 ) 時代に則し、かつフレッシュな調査パネルを活用した信頼性の高い示唆の抽出
LINEリサーチはスマートフォンベース、かつ調査慣れしていないフレッシュなパネルを大規模に保有しています。これによって、市場代表性が極めて高い環境下での調査を行うことが可能です。博報堂および博報堂DYメディアパートナーズは、このパネルを活用することによって、マーケティングの戦略構築から評価までの全プロセスにおける調査の信頼性の向上をはかります。またこの取り組みを加速するために、コストを抑えスピーディーなアンケート実施を行うことが可能なLINEリサーチのセルフアンケートツール「ライトコース」の提供を受け、活用を進めていきます。

2 ) リアルタイム性やインタラクティブ性を活用した新しい調査メソッドの創出と実践
LINEリサーチは、スマートフォンから回答ができるため、対象者は場所や時間に囚われることなく、いつでもどこでも調査に回答することができます。また調査はチャット形式のため、従来型調査のような選択肢や入力フォームに縛られることなく、画像やLINEスタンプによる回答を得ることや、調査を通じた双方向コミュニケーションも可能です。博報堂および博報堂DYメディアパートナーズは、このようなパネル特徴を最大限に引き出した調査メソッドの創出に取り組んでいきます。

3 ) 両社が保有する様々なデータを活用した新たな調査ソリューションの共同開発
昨今、生活者の行動データは、デバイス、サービス、メディアなどによって断片化して存在しています。それらが統合されないことによって、コミュニケーション自体も分断され、広告主視点、生活者視点、ともに意図しない、されないコミュニケーションが頻発しています。これを解消するため、博報堂DYグループが保有する「Atma」をはじめとした「生活者DMP」とLINEの保有する様々なデータを活用することで、より高度なコミュニケーション、メジャメントを実現するための調査ソリューションの開発を共同で行っていきます。この取り組みは、昨今の潮流も加味し、個人のプライバシーを考慮するプライバシーバイデザインの思想に立脚してサービスを開発、実行していきます。

博報堂および博報堂DYメディアパートナーズは今後も、マーケティングやデータ活用の次世代化や高度化を推進し、クライアントの課題解決に向けたサービスの開発に取り組んでまいります。

LINEリサーチ について

LINEリサーチは、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約534万人のアクティブモニターのうち10〜29歳が52%を占め、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマート フォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加