ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.2.14

メリーランド州、全米初となるネット広告税を導入開始

メリーランド州 ネット広告税

メリーランド州は、2月12日にインターネット広告収入に対する新税の導入を決めました。Google,Facebook,Amazonなどの巨大IT企業が対象になるとみられています。欧州では類似の税制度が既にありますが、メリーランド州で実施されれば全米では初となります。

同州としては、新型コロナウイルスの感染拡大で減少した税収を補う狙いがありますが、ネット広告の業界団体は反発をしています。新税は世界でのデジタル広告の売上高が年間1億ドル(約105億円)ある企業を対象に、メリーランド州内のデジタル広告の売上高に応じて2・5~10%の税金を課す制度となっており、Googleのような巨大企業は10%の最高税率が適用される見通しです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加