ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.8.13

フォーエム、AnyManagerでWebメディアにPubMatic「Identity Hub」を実装することが可能に

博報堂

AnyMind Groupの子会社で、Web Publisher及びApp Developerのメディアパートナー事業を主事業として展開する株式会社フォーエムは、AnyManagerでWeb PublisherのサイトへPubMatic Inc.のIdentity Hubを実装できる機能を提供開始しました。

■Identity Hubの実装機能をリリースした背景

・個人データ保護の潮流における3rd party cookieの廃止
近年、個人データを保護の重要性が増している広告業界において、3rd party cookieの使用は徐々に制限されていく傾向にあります。3rd party cookieの終了に伴い、広告のターゲティング精度が低下するため、Web Publisherの広告単価も下落することが想定されます。

*https://blog.google/products/chrome/updated-timeline-privacy-sandbox-milestones/

・3rd party cookieの代替としてのIDソリューション
3rd party cookieの終了に伴い、代替ソリューションとしてプライバシーサンドボックスやWeb Publisherの保持する1st party data、コンテキストターゲティング、IDソリューションなどが挙げられます。

IDソリューションとは、3rd party cookieを使わずにユーザーデータを識別し保存する新たな手法のことを指します。消費者にコントロールを与えつつも、デバイスやチャネルを越えて広告の効果測定が可能になる新しい識別子であると期待されています。

・Web PublisherがIDソリューションを実装するメリット
IDソリューションを実装することにより、Web PublisherはブラウザやOSの変化を問わずターゲティング可能な在庫の割合を高め、CPMを向上させる効果が見込めます。

このような背景において、Web Publisherを支援する当社は、複数のIDソリューションを横断して管理することができるPubMaticのIdentity Hubをワンタグ経由でWebサイトに実装する機能の提供を開始いたしました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加