ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.12.8

アイピーオンウェブジャパン、BidSwitchによる「IM Universal Identifier」のサポートを開始

アイピーオンウェブジャパンは、インティメート・マージャーが開発した3rd Party Cookie に変わる共通IDソリューションの「IM Universal Identifier (以下 IM-UID) 」をサポートを開始しました。

 これにより、IPJ が提供するリアルタイム入札 (Real-Time Bidding, RTB) のグローバルなインフラストラクチャーとマーケットプレイスである「BidSwitch」にて、DSPとSSPは 3rd Party Cookie を利用することなく、消費者のプライバシーとセキュリティを保護しながら、RTBにおいてより精度の高いターゲティングを実現することが可能になります。

■ 背景
 昨今の3rd Party Cookie の規制強化に伴い、その代替としてプライバシーを重視しながらも、高いアドレサビリティを実現できるソリューションへのニーズが高まっています。この脱3rd Party Cookieという時代の流れに、デジタル広告業界全体として対応していくため、多くのデジタル広告事業者が共通IDソリューションへの参画を表明する中、DSPとSSPのRTB収益の最大化を支援できるようIPJは「BidSwitch」で「IM-UID」 をサポートすることといたしました。

bi

■「IM-UID」について
 インティメート・マージャーでは、創業以来 3rd Party Cookieを活用したデータ流通・データ活用の仕組みを世の中に提供してきました。インティメート・マージャーのサービスを導入している企業の多くは、今後のChromeの3rd Party Cookieの規制や改正個人情報保護法などの施行によって、今までと同様の精度や方法でデジタルマーケティングができなくなることを懸念しています。
 そういった 3rd Party Cookie が活用できなくなったときのための代替手段として、インティメート・マージャーでは広告主・媒体社・アドテクベンダー・その他 3rd Party Cookie を利用していた企業に向けて3rd Party Cookie に変わる共通IDソリューション「IM−UID」を提供しています。

 この度の「BidSwitch」の「IM-UID」対応により、SSPは「IM-UID」から発行されるIDをRTBにおけるリクエストへ連携させることが可能になり、DSPはCookieに頼らないターゲティングを実現させることが可能になります。今後もIPJ は、DSP・SSPの多様なニーズに迅速かつ正確に応えるため、 「BidSwitch」の提供をはじめ、最先端のテクノロジーを提供し、社会へ貢献してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加