ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.7.28

インティメート・マージャー、ポストCookie時代の共通IDソリューション「IM-UID」をPubMaticの「Connect」と連携

pi

インティメート・マージャーは、3rd Party Cookie を利用せずに、異なるドメイン間で3rd Party Dataを連携する共通IDソリューション「IM Universal Identifier(以下IM-UID)」 をPubMatic, Inc.のプログラマティック広告にてファースト・パーティー・データを利用可能にする「Connect」と連携開始しました。

昨今、Webユーザーのプライバシー保護の高まりとともに、欧州では「GDPR(EU一般データ保護規則)」や「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」などによるデータ収集・活用の規制強化が行われています。また、AppleのブラウザであるSafariは2020年3月にITP(Intelligent Tracking Prevention)のアップデートにより3rd Party Cookieはブロックされるほか、GoogleはChromeでの3rd Party Cookieサポート終了を2023年に延長することを発表しましたが実施自体には変わりはない方針を発表しています。これらの影響により、インターネット広告における広告配信や効果計測において、これまで活用されてきた3rd Party Cookieに代わる対策が早急に必要とされています。

これらの対策として、3rd Party Cookieに依存しない共通IDソリューション「IM-UID」を2020年12月より提供開始し、GMOアドマーケティング株式会社やユナイテッドマーケティングテクノロジーズ株式会社、株式会社ジーニー、ログリー株式会社などのマーケティングテクノロジー企業に向けて技術提供を行ってまいりました。そして、2022年4月よりPubMaticへも提供を開始しており、PrebidベースのID管理ソリューションである「Identity Hub」と連携しています。そしてこのたび、新たにプログラマティック広告にてファースト・パーティー・データを利用可能にする「Connect」との連携も開始しました。

PubMaticの「Connect」は、オーディエンスセグメントとパブリッシャーのインベントリをPubMatic上で取引できるプラットフォームを構築することで、従来のオーディエンスデータの活用方法を抜本的に変革し、データ所有者にはマネタイズ機会の創出とDeal IDによる取引の効率化を、広告主には、ROIの向上をもたらすソリューションです。

今回、「IM-UID」と「Connect」を連携したことにより、バイヤーやパブリッシャーはCookieやデバイスIDに依存することなく、ユーザーセグメントを活用したPMPのデータパッケージ配信の実現がWEBだけでなく、アプリおよびCTVにおいても可能になりました。これにより、バイヤーである広告主や広告代理店は、このセグメントを使って、PMPでDeal IDを通じたバイイングができるようになることで、効果的な広告買い付けを実現できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加