ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.12.9

電通グループ、地域経済の活性化を目的とした「地域のためのEC研究所」を発足

電通 EC

電通と、北海道から沖縄までの全国の国内電通グループ7社は、地域の自治体や事業者に対して、地方特産品等の販売におけるEC活用を促進し、経済効果を創出することを目的とした共創型の研究プロジェクト「地域のためのEC研究所」を12月9日付で発足させました。各地域に根付いた全国の電通グループ各社が連携し、地方特産品等のEC活用事例や、生活者のEC購買行動を研究・情報発信し、EC活用のコンサルテーションを行います。

 活動の第一弾として、ECに関する生活者調査の分析結果や、ECプラットフォーマー等とのパネルディスカッション、自治体での事例の共有等を行う、自治体向けセミナーを2022年2月に開催いたします。

<地域のためのEC研究所のロゴ>国内電通グループ8社共同で、地域経済の活性化を目的とした 「地域のためのEC研究所」を発足 研究所ロゴ

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による外食需要や観光客の減少が地域経済に大きな打撃を与えている中、電通が2021年9月に行った調査※1によると「地方特産品に対して興味・関心がある」「地方特産品や旬のものをECでリピート購入する」と回答する生活者が多いことが分かりました。

 しかし、食品・飲料・酒類のEC化率は2020年時点で約3.3%※2と低く、地方特産品の販路としてECを活用している自治体や地域事業者もまだ多くありません。生活者の需要を捉えて地域経済を活性化するためには、従来のオフライン販路だけでなくECでの販路拡大が重要であると考え、「地域のためのEC研究所」の発足に至りました。

 本研究所では、電通および全国の国内電通グループ各社が、自治体や地域事業者、ECプラットフォーマー・ECコンサルタントと共に取り組んできた事例や知見から、ECにおける生活者の地方特産品の購買行動・市場・事例等を研究。研究結果をセミナーや「自治体DX白書.com」※3などを通じて情報発信していきます。また、各地方特産品に合わせた販売戦略立案や、ECにおける地域事業者支援のプランニング、さらにはECでの地方特産品販売をフックとした地域のPR・ブランディングや観光客誘致などにより、地域経済を活性化させるための支援も実施いたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加