ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.1.6

ヒビノ・東北新社・電通クリエーティブX、大型LED常設スタジオ「studio PX」2ヵ所を1月14日からオープン

ヒビノ、東北新社、電通クリエーティブXが発足した、映像制作における温室効果ガス削減とプロセス効率化を目指す共同プロジェクト「メタバース プロダクション」は、プロジェクトの基盤インフラとなる大型LED常設スタジオ「studio PX ZERO」及び「studio PX HIBINO」を1月14日よりオープンいたします。また、株式会社電通クリエーティブキューブ(本社:東京都中央区、社長執行役員:村山 大輔)をパートナーに加え、4社体制で「メタバース プロダクション」を推進してまいります。
※PXはProduction Transformationの略で、映像制作トランスフォーメーションを意味する造語。

「studio PX」はメタバース プロダクションによる大型LED常設スタジオの総称で、通常のバーチャルプロダクション撮影を目的とする使用をはじめ、メタバース プロダクションが開発・提供を予定している“PXサービス”の提供基盤となるスタジオです。

メタバース プロダクション

FACTORY(旧横浜スーパー・ファクトリー)鶴見スタジオ内に1月14日から3月31日までの期間限定で開設する大型LED常設スタジオを「studio PX ZERO」、ヒビノ日の出ビル内にあるインカメラVFXスタジオHibino VFX Studioを「studio PX HIBINO」とし、1月14日より2ヵ所で「studio PX」の提供をスタートいたします。

今後、様々なニーズに対応する“PXサービス”の開発・提供に注力し、リーズナブルな予算での映像制作からハイエンド案件まで幅広くご利用いただけるよう新しい映像制作の在り方を提示し、映像制作における温室効果ガス削減とプロセス効率化を目指す「メタバース プロダクション」の取組みが将来のスタンダードになるよう努めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加