ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.10.12

クロスロケーションズ、外国人旅行者向け位置情報広告の拡充と外国人の国内人流分析サービスの提供開始

クロスロケーションズは、創業からの資本・業務提携パートナーであるNear Intelligence, Inc.(本社アメリカ合衆国 カリフォルニア州 以下Near社)のグローバルシステムに蓄積・更新されている世界44カ国の7,000万以上の場所で、合計16億のスマホ端末から発信されたユーザー許諾済みの位置情報を分析した人流データを活用して、新しい外国人旅行者向けの位置情報広告メニュー、および外国人の国内人流分析サービスの提供を10月12日より開始します。世界からの訪日外国人の人流を建物単位などのピンポイントで分析したマーケティング施策の提供は国内で初めてで、インバウンド需要(注1)の再活性化を支援します。

■グローバル人流データを活用したインバウンド向け広告配信
コロナ禍による入国規制や行動制限が開始されるまで、外国人旅行者は3,188万人に達し(注2)、国内経済の起爆剤となっていました。2020年から続くコロナ禍もようやく収束の兆しをみせ、日本政府も10月11日より入国規制を撤廃する方針を打ち出しました。また、最近の円安の傾向により、旅行者から見て日本は割安な旅行先であり、日本国内において旅行者の増加が予測されます。

LMS

クロスロケーションズはコロナ禍以前より、外国人旅行者への広告配信を手掛けてきましたが、コロナ禍による国内インバウンド市場の縮小に伴い一次提供を停止していました。しかしながら、この2年半の間にNear社のシステムに蓄積された広告ID(注3)はグローバル16億に増加、ID単位で人流データとして処理・蓄積されています。また、広告IDを持つ端末の推定居住地域を判定することで外国人旅行者を居住国別に区別することも可能となります。

クロスロケーションズはこのグローバル規模の人流データを活用し、LMSのサービスの一貫として日本を旅行中の海外旅行者にむけたスマートフォン広告配信メニューを強化します。日本国内で、海外に推定居住地を持つスマホ端末が位置情報を発信してきた場合、日本国内の居住者とは区別して、その広告IDのスマホ端末にインストールされたアプリの広告枠に集客、物販、観光などの外国人旅行者向けの広告配信を行うことが可能です。広告配信後に、広告を見た旅行者が実際に誘致したい店舗やエリア付近に来訪したかの来訪計測も可能で、広告の費用対効果を適切に評価できます。

■インバウンド広告の配信フォーマット
配信できる広告フォーマットとしては通常のバナー広告以外にも動画広告の配信も可能で、外国人旅行者に対し店舗や観光地での体験をより効果的に訴求することができます。

■配信対象となる外国人旅行者の居住国
今回のサービスで配信対象となる旅行者の居住国は、アメリカ、イギリスをはじめとした欧米諸国やインドネシアやシンガポール、サウジアラビアなどアジア、中東諸国、そしてオーストラリア、ニュージーランドなど合計で44カ国となります。

■グローバル位置情報データを活用した外国人人流分析データの提供
拡大する訪日外国人へのマーケティング施策によりインバウンド売上拡大を狙う企業、観光誘致を狙う自治体・観光関連事業者、外国人の国内人流動向把握の必要がある行政などのニーズに対応して、広告配信と並行して、Near社から提供を受けるグローバルレベルの膨大な位置情報ビッグデータ分析により、外国人旅行者を推定居住国別に判別し、日本国内での外国人人流データとして、国内POI(分析対象地点・エリア)別、国籍別の人流の増減変化、外国人の来訪行動などのレポートとデータの販売も開始します。例えば、秋の京都伏見稲荷や神奈川県箱根での外国人旅行者の増加率、その中でのアジア系と欧州系の分布、コロナ前との比較など、今までは分析と視覚化が困難であった外国人旅行者の国内での動向を把握するデータとして様々な利用用途に対応していきます。

(注1)インバウンド需要:日本に訪れた外国人の日本国内で生み出された商品やサービスへの需要。
(注2)日本政府観光局、2019年12月推計値より引用


  • このエントリーをはてなブックマークに追加