ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.12.9

朝日新聞社、2023年3月期中間決算修正で単体利益は赤字に

朝日新聞社 asahi

朝日新聞社は、先日発表をしていた2023年3月期中間決算について修正の報告を行いました。

修正の内容と理由

朝日新聞社は、2022 年9月1日から 11 月 30 日までを募集期間とした希望退職制度を実施していました。また希望退職によって発生する特別退職金などの関連費用を特別損失に計上しましたが、募集期間が終了したところ、想定よりも損失額が増える見込みとなったため、見積り額を修正したとのことです。

約5億円が追加の特別損失として計上をされたことで、単体の決算は1.55億円の最終赤字となりました。

連結の決算

売上高1309.25億円(前年同▲0.4%)、営業利益20.66億円(同▲33.8%)、経常利益58.54億円(同▲13.3%)、純利益15.55億円(同▲68.8%)

売上高1309.25億円(前年同▲0.4%)、営業利益20.66億円(同▲33.8%)、経常利益58.54億円(同▲13.3%)、純利益10.10億円(同▲79.7%)

単体の決算

売上高902.40億円(前年同▲1.6%)、営業利益16.21億円(同▲41.4%)、経常利益40.58億円(同▲8.2%)、純利益3.84億円(同▲86.4%)

売上高902.40億円(前年同▲1.6%)、営業利益16.21億円(同▲41.4%)、経常利益40.58億円(同▲8.2%)、純利益▲1.55億円(同-)

修正前の決算

朝日新聞社は、2023年3月期中間決算を発表しました。連結の決算は、売上高1309.25億円(前年同▲0.4%)、営業利益20.66億円(同▲33.8%)、経常利益58.5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加