このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.3.11

ヒットとジーニー、道頓堀の日本最大級LEDビジョンにてプログラマティックOOH広告配信開始

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下「ジーニー」)と株式会社ヒット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松丸敦之、以下「ヒット」)は、ヒットが大阪・道頓堀に保有する大型屋外広告ビジョン「ツタヤエビスバシヒットビジョン」への、プログラマティックOOH広告※1の配信を開始いたします

取り組みについて

ヒットは東京・渋谷駅ハチ公口の大型屋外広告ビジョンや、首都高速道路沿い及び大阪・新御堂筋沿いの広告ビジョンネットワークを保有・運営している屋外広告の専門会社です。
ジーニーは創業当初よりアドテクノロジー領域においてプロダクトの自社開発・提供を行い、豊富なOEM提供実績も持つ会社です。
両社は2020年1月以降、ヒットが首都高速道路沿いに展開する「首都高速デジタルLEDボード」(12面ネットワーク)、渋谷の「シブハチヒットビジョン」、大阪の「新御堂筋デジタルLEDボード」(4面ネットワーク)にて、プログラマティックOOH広告配信サービスの展開を進めてまいりました。

この度、新しい媒体として大阪・道頓堀に位置する「ツタヤエビスバシヒットビジョン」でも配信をスタートいたします。
道頓堀の日本最大級LEDビジョンにてプログラマティックOOH広告配信開始

ツタヤエビスバシヒットビジョンについて

「ツタヤエビスバシヒットビジョン」は、大阪・道頓堀にあるTSUTAYA戎橋店の壁面及び屋上に設置された、総面積約455平米を誇る超大型の屋外広告ビジョンです。大阪のなかでも、「かに道楽」や「グリコサイン」のある道頓堀周辺は大阪を象徴する名所であり、戎橋周辺の1日あたりの通行人数は平日で約20万人、休日では約35万人と言われています。多くの大型看板が設置されている戎橋周辺でも、「ツタヤエビスバシヒットビジョン」はとりわけその大きさと迫力において存在感のある広告媒体となっています。
今回、小ロットかつ少額の予算での出稿が可能となるため、予算上の問題でこれまで「ツタヤエビスバシヒットビジョン」を活用していなかった広告主様も、容易に広告を出稿することができるようになります。

これからもヒットとジーニーは、広告主様に寄り添い、広告主様の価値最大化につながる、より良いサービスを提供してまいります。

※1:OOH(Out of Home)広告とは、交通広告や屋外広告など自宅以外の場所で接触する広告メディアの総称。プログラマティックOOH広告とは、OOH広告枠の取引から入稿、配信までをシステムで自動化したもの。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加