ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.8.17

CCCマーケティング、YouTube広告の販売を開始 〜T会員データを元にターゲティング可能に〜

Tカード

CCCマーケティングは、7,000万人を超えるT会員の購買データと、月間利用者6,000万人を超えるYouTubeの視聴データを連携したマーケティングデータをもとに、プランニング・出稿・効果検証が一気通貫で叶うYouTube広告の販売を開始しました。

 CCCマーケティングは、2021年7月には、「15秒CMを1本単位」で購入できる新たなバイイング手法SAS(Smart Ad Sales)を採用したTVCM枠の販売を開始し、循環型マーケティングのサービス拡大を図っています。

 YouTubeの視聴データと連携したマーケティングデータで、従来よりも多角的な視点でのプランニング・出稿・効果検証が一気通貫で叶う「循環型のYouTube広告マーケティング」が実現いたします。具体的には、オーディエンスターゲティングやコンテンツターゲティングに加え、Tポイントの購買履歴データに紐づく詳細なマーケティングターゲットに対するリーチ効率(CPM)、クリック効率(CPC)、一人当たりFQ(フリクエンシー)、imp単価など多様なKPIを基に最適な組み合わせ枠を設計の上、販売いたします。

 加えて、ニューノーマル時代における生活者の行動の変化により、デジタル広告へのニーズが高まっている昨今、CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと連携することで、さらなる投資対効果を期待できるクロスメディアのマーケティングプランニングも可能です。Tポイントの購買履歴データを基に、「デジタル広告やYouTube広告接触者が、自社ブランド商品を実際に店舗で購買したかどうか」という購買効果を可視化できる本サービスは、TVCM枠に続くCCCマーケティングオリジナルの循環型マーケティングとなります。

「循環型のYouTube広告マーケティング」の概要

① 出稿プランニング
・可能なセグメント:購買経験者を始め、1歳刻みからの性別年代、その他基本的なデモグラフィック(子持ち、自動車保有、世帯年収等)など広告主目線のセグメント設定が可能
・評価指標:対象となる広告枠に準じ、CMP、vCPM、CPD、CPM、CPV、CPCなど
・クロスメディア評価: CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと、上記セグメントや評価指標で連携が可能(https://biz.cccmk.co.jp/services)

② 出稿(販売代理)
・対象:YouTube広告(インストリーム広告、Trueviewディスカバリー広告、Trueviewアクション広告、バンパー広告、アウトストリーム広告、マストヘッド広告)
※詳しくは、Google社規定の「YouTube広告フォーマット」に準拠いたします。

③ 効果検証
・購買行動の検証:7,000万人をこえるT会員の購買トランザクションと、月間利用者6,000万人を超えるYouTubeの視聴データが連携された大規模なデータを用いて、マーケティングターゲットにおけるYouTube動画広告放映後の購買行動を検証
※その他、さまざまなご要望に沿ったメニュー提供も行っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加