このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.2.13

博報堂DYメディアパートナーズ、 ブランドストーリーと放送局コンテンツストーリーの融合で 今までにない没入感を生み出す広告手法「Cubic Content」を開発

博報堂DYMP

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、ブランドストーリーと放送局コンテンツストーリーの融合で今までにない没入感を生み出す広告手法「Cubic Content」を開発しました。

「Cubic Content」は、多様化する生活者のタッチポイントに合わせて展開されるコンテンツをもとにした広告体験を設計し提供することで、商品やサービスに対する生活者の共感性を向上させることができる広告手法です。

昨今のデジタルシフトにより、生活者とメディアのタッチポイントが複雑化している中、生活者のタッチポイントをクロスメディアで捉えられるコミュニケーション手法の必要性が高まっておりました。「Cubic Content」は、テレビ、デジタル、ソーシャルコンテンツ、イベントなど、それぞれに関連性を持たせ緻密に絡み合うストーリーを進行させる事でコンテンツに対する没入感を強め、その中に自然に広告訴求を入れ込むことによってトータルでより深いコンテンツ体験をベースとした広告効果の向上を図ることができます。

「Cubic Content」の開発・提供は、メディアチーム、データチーム及び、クリエイティブチームで構成した博報堂DYグループの横断プロジェクトチーム「ACTIVATIONCUBE」が行います。「ACTIVATIONCUBE」は、360°ビジネス展開する「Cubic Content」の企画立案、制作、キャンペーン展開など設計からアクティベーションまでワンストップで実現します。

今回、その最初の取組みとして、2020年2月8日(土)深夜3時からテレビ朝日で放送中の連続ドラマ「鈍色の箱の中で」において、ドラマのストーリーと連動したキャンペーン、インフォマーシャル、ソーシャルなどを複層的に絡める広告展開を実施しています。本取り組みにおいては、広告接触データ、ソーシャル投稿データなどアクチュアルデータを活用し、ブランド指標との関係性を紐解くことで、商品やサービスへのプリファレンスを高めるメカニズムを解明します。

博報堂DYメディアパートナーズは、デジタル化に伴うメディアの多様化やコンテンツの多角的な展開、また、生活者のメディア接触行動の変化をふまえ、メディア・コンテンツホルダーとの緊密な連携により、最適かつ効果的なマーケティングコミュニケーション手法の開発と提供に取り組んでまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加