このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.1

インティメート・マージャー、3rd Party Cookieに依存しないポストCookie領域のサービス拡充

インティメート・マージャー

インティメート・マージャーは、2022年に予定されているさまざまな3rd Party Cookie規制に向けたデータ収集の規制に合わせたソリューション開発を開始しました。また、今後の「ポストCookie」をテーマにしたデータテクノロジー領域拡充の方針を発表しました。

昨今、「GDPR(EU一般データ保護規則)」や「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」などの影響により、データ収集・活用が規制強化の対象になるほか、SafariのITPやChromeがプライバシー強化されるなど、活用できる情報量やデータの取得方法が年々変化しており、データ活用における新しい手法への転換期に突入しています。

そこで、DMP専業最大手であるIMでは、アドテクノロジー業界をはじめデータマネジメントにおける領域を牽引してきた知見を活用し、3rd party cookieの規制による影響を受けない技術や、実際のマーケティング活動における対応方法など、データテクノロジー領域(ポストCookieデータマネジメント)のサービスのラインナップを拡充していきます。また、開発段階から、進捗や改善状況などを定期的に発信し、AIや自動化、プライバシー強化といったさまざまな観点から、「ポストCookie」に関するデータ分析・活用環境や連携といったデータマネジメント理解の促進を目指してまいります。

◆IM「ポストCookie」におけるデータテクノロジー領域の拡充方針

●IDソリューションの開発

3rd Party Cookie以外のデータ連携・活用に向けた識別子の開発

●Cookie以外の属性連携手法の開発

Cookie以外の識別子によるデータ保有企業やデータ活用企業に向けた手法開発

●プライバシー保護技術の開発

プライバシー保護やデータ活用に対する安心感を提供するための技術開発

●AIによるリアルタイム属性解析技術の開発

3rd Party Cookieの情報以外も用いたリアルタイムな属性解析技術の開発

●大手プラットフォームの分析基盤との連携機能強化

GAFAを含む大手プラットフォーマーが提供するデータ分析基盤とのデータ連携強化

●データを用いた自動化技術の開発

3rd Party Cookie以外も用いた業務プロセスの改善や自動化技術の開発

 今後、IMでは、すでに提供させていただいているData Driven RPAなどのデータテクノロジー領域に加えて、各社広告プラットフォームの提供するデータ分析・活用環境と連携を深めていき、ポストCookieデータマネジメント領域を邁進していきます。

参考記事▼

【ポストクッキー時代の前提知識を図説】 今後広告に使用できなくなるデータとクッキーのお話
大人気のターゲティング広告が危機!? デジタルマーケティング業界の方は、「広告でクッキーが今後使えなくなる」という噂や記事を見聞きしたことがあるという方が多いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加