ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2013.9.10

自動リンクでコンテンツを収益化する「Skimlinks」、日本でのサービスを開始

スキムリンクス(Skimlinks; http://skimlinks.co.jp/)は23日、グレイクロフト・パートナーズ(Greycroft Partners; http://greycroft.com/) による資金調達をしたことを発表しました。スキムリンクスはこれによってさらなる革新的事業を発展し、またこれまでに事業を展開していたアメリカと欧州に加えて、日本を含むアジア各国への事業拡大を目指します。

グレイクロフト・パートナーズはデジタルメディアを中心として、テクノロジに関連のある有望なスタートアップ企業に投資をしているベンチャーキャピタルです。メディアの発信地であるニューヨークとロサンゼルスに事務所を置き事業展開しており、今回スキムリンクスにベンチャー企業の投資先として出資しました。さらに,グレイクロフト・パートナーズ共同創業者のイアン・シガロー氏がオブサーバーとして、スキムリンクスの取締役になる予定です。また日本のエンジェル投資家であるMaeda Hiro氏、Matsuzaki Ryota氏も新規投資家として名を上げました。

スキムリンクスは、SkimlinksやSkimwordsの導入されたサイトによって毎月億単位の収入を得ており、最近4年間の年間成長率は100%から200%にも上ります。また現在スキムリンクスは月3億ものクリック数を出しており、今後日本に事業進出することによってさらなる収入アップを目指しています。

”SankeiBiz”より一部引用 http://www.sankeibiz.jp/business/news/130423/prl1304231010012-n1.htm 

この記事からもわかるように、当社のLinkplazaのようなサービスが海外では注目されており、今後日本でも次世代のアフィリエイトサービスとして、普及が予想されます。

iPhoneのようなスマートフォンが普及する以前、海外では携帯よりもパソコンからインターネットを利用するのが一般的でした。

一方で日本では、携帯からもインターネットを利用していました。それは日本の携帯がガラパゴス携帯と呼ばれたように海外の携帯に比べて性能がよかったからです。

こういった理由からスマートフォンの普及以前、海外ではパソコンの利用が日本に比べて圧倒的に多く、そのために海外では多くのWebサービスが広く利用されてきました。

これはSkimliksやViglinkのようなWebサービスが広まった要因だと考えられます。現在スマートフォンの普及などにより、日本でも種々のWebサービスを利用する機会が多くなりましたが、これに伴ってSkimlinksや当社のLinkplazaのようなサービスが日本でも普及することでしょう。

またSkimlinksやViglinkのようなアフィリエイト自動化サービスを導入しているサイトは50000サイトほどであり、海外での普及具合が伺えます。

現在 Linkplaza は先行受付を行っており、Linkplazaの情報をいち早くお届けしています。

http://www.linkplaza.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加