ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.4.6

Criteo、2015年第1四半期のモバイルコマースレポートを発表

日本はEC取引に占めるモバイルの割合が51%に到達、コンバージョンレートも世界主要国中トップ

パフォーマンス広告およびマーケティングに特化したテクノロジーリーダーであるCriteo(クリテオ、Nasdaq:CRTO、本社:フランス、CEO兼共同創設者:ジャン-バティスト・リュデル、以下Criteo)は、2015年第1四半期の「State of Mobile Commerce(以下、モバイルコマースレポート)」を発表し、全世界のEC取引に占めるモバイルデバイスの割合が34%に達したことを明らかにしました。最も使用割合の高いモバイルデバイスには、タブレットに代わってスマートフォンが浮上しており、広告主の今後の成功は、魅力的なモバイルサイトを提供できるかどうかにかかっています。

Criteoは、全世界の1,600億ドルを上回る取引から収集したトランザクションレベルのデータを個別に分析し、その結果をレポートにまとめました。主なポイントは、以下のとおりです。

・米国のモバイル取引は過去3ヶ月で10%増加:増加傾向はすべての小売カテゴリーにわたって継続しており、小売・流通企業の上位4分の1が、それ以下の企業よりも高い増加率を維持しています。

・スマートフォンが鍵:米国や、ドイツと英国を除く他の主要国のモバイル取引の大半はスマートフォン経由で行われています。アジアでは特に顕著で、日本は90%、韓国は99%のモバイル取引がスマートフォンで行われています。増加の要因は、スマートフォンでの購入が快適になったことや、画面サイズの拡大にあります。

・さらなる伸びを予想:日本と韓国は、今回のレポートで初めてすべてのEC取引に占めるモバイルの割合が50%を超えました。日本は2015年末までに世界主要国中でトップの61%に達する見込みで、韓国は57%、米国は33%、全世界では40%と予想されています。

・コンバージョンレートは日本が突出:モバイルデバイスでのコンバージョンレートは日本が突出しており、米国をベンチマークとした数値ではその3.5倍をマークしています。モバイル取引の割合が日本とほぼ同じ韓国は2.5倍です。

・モバイルのコンバージョンファネル*が出現:米国の消費者は現在、デスクトップとスマートフォンの両方で同じ量の商品を閲覧していますが、買い物かごに追加して購入する割合はスマートフォンのほうが低くなっています。
*コンバージョンファネル:サイト来訪者がコンバージョンに至るまでのステップ

Criteoの最高プロダクト責任者(CPO)であるジョナサン・ウルフは、次のように述べています。「モバイルコマースは急成長を続けています。過去3ヶ月だけを見ても、米国のモバイル取引は10%も増加しています。スマートフォンはモバイル取引の大半を占めるに至っており、画面サイズの拡大と、より優れたモバイルサイトの増加が、この傾向に拍車をかけています」ウルフはさらに「過去3ヶ月間にわたるモバイル取引の急成長は、消費者があらゆるカテゴリーで、スマートフォンでの購入に大変満足するようになったことを示しています。この成長に限界はありません。モバイルは今や、日本や韓国をはじめとする先進市場において、すべてのEC取引の過半数を占めるに至っています」と語っています。

Criteoの2015年第1四半期のモバイルコマースレポート(英語)をダウンロードするには、こちらhttp://www.criteo.com/resources/mobile-commerce-q1-2015/ をご覧ください。
Criteoとそのテクノロジーに関する詳細は、www.criteo.com をご覧ください。

###

Criteo(クリテオ)について
Criteoは一人ひとりの興味・関心と関連性の高いパーソナライズされたデジタルパフォーマンス広告ならびにマーケティングをスケーラブルに提供しています。広告クリック後のコンバージョンを予測、最適化することで、ROI(投資利益率)の透明性を確保し、測定を容易にします。フランスに本社を置くCriteoは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに23カ所のオフィスを展開し、1,300名を超える従業員を擁して世界各国9,000以上のパブリッシャーと直接取引関係を結び、7,000以上の広告主の広告を生成・配信しています。
詳細は http://www.criteo.com をご覧ください。
CRITEO株式会社はその日本法人です。詳細は http://www.criteo.com/jp をご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加