ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.9.9

Facebook、Facebookページ管理機能をモバイル向けに大幅アップデート

【背景】
現在、全世界で利用されているモバイルデバイスの数は世界の人口を上回っており、人々がモバイルを利用する時間は増えています。それに伴い、 携帯電話やタブレットに多くの機能が求められるようになってきています。このようなトレンドによって、ビジネスにはかなり幅広い対応が求められるようになりましたが、なかでも注目すべき点は、モバイルよりビジネスに容易にアクセスできるようにすることが、かつてないほど重要になっていることです。

unnamed

毎月10億人を超える利用者がFacebookページを訪問しており、すでにビジネスの詳細な情報を知るためにFacebookページを閲覧しています。Facebookではこれを受けて、事業者がモバイル上でのプレゼンスを確立し、顧客と容易にコミュニケーションできるよう支援すべく、Facebookページのアップデートを進めています。数週間前、利用者とビジネスがよりスピーディかつ簡単につながることができるように、メッセージ機能をアップデートしました。 Facebookは本日、世界で4,500万以上の事業者が重要な情報をより簡単に表示し、目的を達成できるよう支援する新機能をページに追加します。このページの新機能は、業種・職種が何であろうと、Facebookページとは人々が必要とする情報を掲載する場所であり、顧客とコミュニケーションし、それぞれのビジネスの目的の達成に向けてサポートする存在であるべきだという、Facebookの理念を反映したものとなっています。

人々が携帯電話やタブレットを使う時間は増えており、いつでも、どこでも、あらゆるデバイスで情報を見つけてビジネスとコミュニケーションをしたいという利用者の期待に、ビジネスは応える必要があります。以下で説明するページの最新のアップデートは、ビジネスがメッセージング機能を通して利用者と容易にコミュニケーションを行い、目的の達成に役立つ情報を強調することを支援するものであり、Facebookをビジネスに役立つモバイルソリューションへと変えます。

【最新関連データ】
世界でFacebookページをアクティブに活用している小規模ビジネスが、4,500万に達しました。
世界で10億人以上が毎月Facebookページに訪れています。
日本の利用者のうち、60%が中小企業のFacebookページと繋がっています。

【ビジネスをサポートする3つのモバイル向けページの新機能】

1. より目立つ新しいCTA (Call To Action、コールトゥアクション) ボタン

コールトゥアクション(CTA)ボタンは、予約やオンラインショップの閲覧を人々に促すといった、ビジネスの最大の目的をページの重要な箇所に表示するものです。今回、モバイルのFacebookページに置かれるCTAボタンがより目立つものに変わり、事業者がFacebook ページを利用して目的を達成しやすくなりました。

モバイルの新しいCTAボタンはより大きく、明るくなっており、Facebookページのカバー写真の真下に置かれます。

“今すぐ電話する”、“メッセージを送る”、“お問い合わせ”など、いくつかの新しいCTAボタンについても現在テストを行っており、より容易に人と事業者が直接つながることができるようになります。また、ビジネス独自の目的の達成を支援するために、今後も新しいCTAボタンを随時追加していく予定です。

unnamed

2. Facebookページに新しいセクション

これまでのFacebookページはどのビジネスでもおおむね同じでした。今回、Facebookページに新しいセクションが加わり、ビジネスのタイプに合わせて、一番打ち出したい情報を目立つ形で掲載することができるようになります。

Facebookは本日、2つの新しいFacebookページのセクションを発表します。新しい「ショップ」のセクションでは、小売業者が商品をページの先頭に掲載しやすくなっています。一方、新しい「サービス」のセクションでは、サービス業者がサービスの一覧をページの先頭に表示することが可能です。サービスメニューをページに追加したり、取り扱っている商品を表示したりできるようになり、自分たちのビジネスについてよりすばやく理解を深めるのに役立ちます。また、提供されるサービスと商品について知ることは、利用者がそのビジネスとの取引を決断する際の鍵となります。

さまざまなタイプの組織がそれぞれの目的に応じて情報を目立たせる必要があることから、Facebookでは近々に、ほかのFacebookページのセクションも作成する予定です。

unnamed (1)

3. Facebookページ レイアウトの改善

携帯電話やタブレットからFacebookページにアクセスする利用者が増えていることから、FacebookではモバイルでのFacebookページ間移動をより容易に行えるようにしたいと考えています。スクロールやクリックを何度も繰り返さなくても簡単に情報を見つけられるように、現在、Facebookページレイアウトのアップデートを進めています。そのうちの1つが、動画や写真にそれぞれタブがあるのと同じように、Facebookページのセクションごとにタブを設定するというものです。この新しいレイアウトは数週間以内に提供が開始される予定であり、Facebookページの訪問者はセクションに関連付けられたタブをクリックして詳細を確認できるようになります。Facebookページのランディングタブである[ホーム]タブには各セクションのハイライトも含まれ、最初にページにアクセスしたときに関連情報が中心に表示されることになります。

今回のFacebookページレイアウトの変更により、情報がきちんと整理され、利用者が欲しい情報をすばやく見つけられるようになります。

unnamed (2)

モバイル向けにFacebookページをアップデート

人々が携帯電話やタブレットを使う時間は増えており、いつでも、どこでも、あらゆるデバイスで情報を見つけてビジネスとコミュニケーションをしたいという利用者の期待に、ビジネスは応えていく必要があります。Facebookページの最近のアップデートは、ビジネスがメッセージン グ機能を通して人々と簡単にコミュニケーションを図り、目的の達成に役立つ情報を強調することを支援するものであり、Facebookをビジネスに役立つモバイルソリューションへと確立します。今後も、利用者の皆様のお役立てるよう全力で取り組んで参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加