このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.1.9

マイクロアドシンガポール、東南アジア最大級のアドネットワーク企業「Ambient Digital Group」へ出資

このたび、株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎、 以下マイクロアド)の連結子会社であるMicroAd Singapore Pte.Ltd.を通して、ベトナム、インドネシア、フィリピン、タイなど東南アジアを中心にアドネットワークを提供するAmbient Digital Group (本社: シンガポール、CEO:Andrew Stephens、 以下Ambient Digital)に出資いたしました。

マイクロアドとAmbient Digitalは、2012年11月に合弁会社MicroAd Vietnamを設立し、マイクロアドが提供するディスプレイ広告の統合管理プラットフォーム『MicroAd BLADE』とAmbient Digitalが提供するベトナム最大級のアドネットワークとの接続を行い、ベトナムのディスプレイ広告市場でマーケットシェアを伸ばしてしてまいりました。その後も2013年にシンガポール、2014年にフィリピンにて合弁会社を設立し、東南アジアのディスプレイ広告市場の拡大に努めております。

昨今、東南アジアでは若年層の人口増加や著しい経済成長により、GDPの成長率やスマートフォンの所有率が伸びています。それに伴い、オンラインコンテンツやEコマースサイトが増加しており、今後オンライン広告市場のさらなる成長が見込まれています。マイクロアドは、東南アジアのビジネス展開におけるスピードを重視し、すでに東南アジアで展開しているAmbient Digitalへ出資を行うことで、Ambient Digitalの提供するアドネットワークを最大限活かし、『MicroAd BLADE』の東南アジアでのマーケットシェア拡大を目指してまいります。

■MicroAd BLADEについて
企業のディスプレイ広告における一連の作業を単一インターフェースから統合的に管理するサービスです。2011年の提供開始より約4年で日本を含むAPAC全域での導入社数は9,000社(2014年9月時点)を突破するなど、アジア地域において有数のアドプラットフォーム企業へと成長しております。

■Ambient Digitalについて
シンガポールを本社としてベトナム、インドネシア、フィリピン、タイに拠点を置き、毎月7千万人の東南アジアのインターネットユーザーにリーチし、20億以上のページビューを保有する東南アジア最大のアドネットワーク企業です。

■出資先「Ambient Digital Group」の概要
社名     Ambient Digital Group http://www.ambientdigitalgroup.com/
設立     2010年
所在地    80 Robinson Road, #02-00, Singapore 069898
代表者     CEO:Andrew Stephens


  • このエントリーをはてなブックマークに追加