ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

↑PAGE TOP

  • 2021.2.16

LINE公式アカウントの効率的な運用方法とは? 〜LINEを使った集客数・リピート率の最大化を成功に導く「AURA」〜

aura001
ここ数年でLINE公式アカウントの数は右肩上がりに増加しており、2020年時点で1,300万件を超えている。つまり、LINEのビジネス利用が拡大しているということだ。LINEの国内月間アクティブユーザー数は8,600万人(2020年9月末時点)を誇り、高い開封率・反応率を期待できる点は、ビジネスとして利用する上で大きな魅力といえるだろう。

AURA LINE

しかし、LINE公式アカウントの機能には限界があるため、企業の目的を実現するためには多額の費用が発生してしまうことも多い。そのような課題を解決できる「定額かつ安価のLINE活用ツール」として、さまざまな業種・規模の企業に導入され始めているのが「AURA(アウラ)」だ。

LINEの活用を成功に導く「AURA」の特徴

AURA LINEアカウント

LINE公式アカウントを運用するにあたり、「友だち登録数がなかなか伸びない」「顧客の管理ができない」「1対1のアプローチを最適化できない」などの問題が生じるケースは少なくない。そのような問題を解消するため、AURAではLINEマーケティングに必要不可欠な機能が備わっている。具体的には、ユーザーの行動に合わせて属性や志向性を自動で振り分ける「タグ管理機能」、自由にカスタマイズできるフォームでユーザー情報を取得する「LINEフォーム機能」、botで顧客フォローを自動化させる「自動応答機能」などだ。また、LINE活用が初めての企業でも安心して活用できるように運用代行サービスも提供している。運用代行サービスでは、次の3つのフェーズごとに専任スタッフを配置し、LINE公式アカウントの利益率改善やコスト削減をサポートしている。

AURA LINEアカウント

・戦略設計フェーズ
目的の明確化やカスタマージャーニー設計、チャネルの整理などを行なう。

・実装フェーズ
タグ作成やシナリオ設定、リッチメニューデザインなどを行なう。

・運用フェーズ
各種施策の提案・実行、数値検証、LINE配信などを行なう。

このような運用代行によって、LINE公式アカウントの運用経験がない企業や、専門知識を持つ従業員がいない企業などでも、目的を達成するための運用方法をしっかりと見出せるだろう。

国内ユーザー数No. 1プラットフォームだからこそ得られるメリット

AURA LINEアカウント

LINEの比較対象として考えられるのは、やはりメールだろう。スマートフォンが普及し始める前までは、メールマガジンによる情報発信が一般的となっていたが、メールマガジンの場合は「そもそも開封しない」というユーザーも多く発生するのが実情だ。

その点、LINEはブロックされない限り、100%ユーザーにメッセージが届く。利用頻度も非常に高いため、到達率や開封率はメールよりも格段に優れていると考えられるのだ。また、LINEはアプリであるため、プッシュ通知でメッセージの受信を知らせられることも大きな要因の一つといえる。この「到達率の高さ」は、LINE公式アカウントの運用によって得られる大きなメリットだ。もちろんメリットはそれだけでない。LINEであれば、1対1のやり取りが可能であることも大きなメリットといえるだろう。

近年は、チャットボットやチャットツールなどを介して商品の購入を行なう「チャットコマース」が多くの企業で導入され始めている。これと同じように、LINEでも商品の購入申し込みやサービスの申し込みを受けられるということだ。しかし、ショッピングを行なえるとなれば、当然ユーザーの購入を後押しするためのサポートが必要となる。そのサポートとして、LINEでは1対1で「購入相談」や「問い合わせ対応」といったコミュニケーションを図ることができる。つまり、ユーザー個人の悩みをリアルタイムで受け付けながら、ユーザーごとに最適な情報を提供したり、おすすめの商品を紹介したりできるというわけだ。友だちに相談しているような感覚で気軽にコミュニケーションが取れるという点は、LINEが今の時代にマッチしたツールだからこそ得られるメリットといえるだろう。

LINE公式アカウントを運用する際の難易点とその解決法

AURA LINEアカウント

LINE公式アカウントを運用するメリットは数多く存在するが、LINE運用を開始した企業が何らかの壁にぶつかってしまうケースも少なくない。例えば、エステサロンの場合、課題として浮かびやすい傾向にあるのが「リピート率」だ。エステサロンがLINE公式アカウントを運用する場合、おもな目的は「初めて来店した人をリピーターにすること」になるわけだが、リピーター獲得へとつなげるためには顧客一人ひとりに適したアプローチが欠かせない。体験プランを提供したり、クーポン配布を行なったりすることは有効な手段だが、顧客の属性に沿ったオファーでなければ高い反応を得られない可能性もあるのだ。

そのため、ユーザー属性に合ったメッセージ配信を行なえず、LINE活用が失敗に終わってしまうケースも少なくない。このような失敗を避けるためにも、ユーザーの属性や志向性を分類し、それぞれのユーザー属性に合ったメッセージ配信を実行することが大切といえるだろう。言い換えれば、ユーザーを属性ごとにしっかりと管理し、属性ごとに適したメッセージ配信を行なうことで、大幅な成果の向上が期待できるだろう。

さまざまな業種で導入される「AURA」の活用事例

さまざまな業界でAURAが導入されている事例について、AURAのマーケティング活動全般を担う加藤氏は次のように、語る。

「AURAはさまざまな業界で活用いただいていますが人材、不動産、EC、ブライダルでは特に多く活用いただいています。また、百貨店や塾などでも多く活用いただいていますね。例えば、塾で活用いただく場合、まだ塾に入塾していない新規の学生と、すでに入塾されている学生を別アカウントで管理することもできます。」

加藤氏

「さらにセグメント配信機能により分けて配信することもできるので、『新規入塾者を最大化させるためのLINEの運用』と、『既存の塾生のリテンションのためのLINEの運用』という形で最適化できるのは大きな魅力だと思いますね。」

また、多くの企業が「成約率・顧客満足度の向上」といった目的でAURAを導入しているが、なかにはそれ以外の目的でAURAを導入している事例も存在するという。

「AURAは、自治体などでも活用いただいています。自治体では広報誌的に情報発信していく機会も多いため、その部分の効率化がおもな目的です。また、LINEにはリッチメニューという機能があります。トーク画面の最下部に固定で画像が表示されているのですが、この部分はボタンタップできます。そのため、リッチメニュー機能を活用して、各種手続きをLINEアカウントで完結できるようにすることも可能です。」

現在は自治体でもオンライン化が進んでおり、特に昨今は新型コロナウイルスの影響から「オンラインでの各種手続き」の需要が高まっている状況だ。 日々変化していく生活様式に柔軟な対応を見せるという点でも、LINE公式アカウントの活用によるオンライン化には大きな価値があるといえるだろう。

コスト削減や省力を実現

LINE公式アカウントの運用を検討するにあたり、多くの企業が懸念するのは「コストが膨らんでしまうのではないか」という点だろう。たしかに、LINE活用ツールを利用する際、目的の達成につながらない戦略を立ててしまうとツールの活用自体が無駄になってしまう可能性がある。だからこそ、LINE活用のツールを検討する際には「目的を達成するための戦略を立てられるか」という点に着目する必要があるのだ。その点、AURAには費用対効果を最大化するためのサポート環境が整えられている。「戦略設計」「実装」「運用」という3つのフェーズそれぞれに専任スタッフを配置するため、常に最適な戦略によって費用対効果を高めていくことができるのだ。実際、ある紳士服販売会社では、AURAの導入によって年間500万円のコストダウンを成功させている。

AURA LINEアカウント

そして何より、AURAは継続率98.8%(解約率1.2%)という高い数字を誇る。この数字こそ、導入した企業の「費用対効果への満足度」を裏付けるものと捉えることができるのではないだろうか。LINE公式アカウントの導入経験がない企業にとって、「LINE活用が失敗に終わるかもしれない」というリスクへの不安はあるかもしれない。しかし、そのような不安は、専門家からのサポートによって払拭できる。LINE公式アカウント数の増加に伴い、LINE活用ツールの数も増えてきているが、AURAのように戦略設計の段階からサポートを受けられるものは多くない。適切な戦略によって費用対効果を最大化するためにも、専任スタッフが伴走するAURAの導入を検討してみてはいかがだろうか。

AURAの詳細・お問い合わせは下記から:

https://lp.aura-mico.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加