ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2023.1.11

YouTube、ショート動画の広告収益化を2月1日から開始

youtube ショート広告

Google傘下のYouTubeは、2月1日よりショート動画「YouTubeショート」のクリエイターが広告収益の分配を受けられるようにすると発表しました。

モジュールについて

YouTubeショートを収益化するには、基本規定およびショート動画収益化モジュールへの同意が必要で、同意後から収益化が開始されます。

モジュールは、ユーザーがより柔軟に複数のフォーマットで収益化できるよう、YouTubeパートナープログラム規定に新しく追加される構造です。「動画再生ページ収益化モジュール」、「ショート動画収益化モジュール」、「課金型製品に関する覚書」の3つに分かれております。YouTubeで収益化を希望するユーザーは基本規定に同意後、それぞれのモジュールに同意するかどうかを選択できるようになります。

ショート広告フォーマットと利益分配について
また、ショート広告は、ショート・フィードでショート動画の間に配信されます。広告収益分配は、ショート広告の収益から音楽トラックを使用している動画の音楽ライセンスの費用を引いた額がクリエイタープールにまとめられ、総視聴回数に占めるクリエイターの動画の視聴回数に基づいた割り当てから45%がクリエイターに支払われます。

youtube ショート広告

ファンドは終了

これまでショートによる収益は1億ドルのファンドから限られたクリエイターに提供されてきましたが、2月1日にファンドは終了し、収益化は広告収益の分配方式のみになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加